紙巻きタバコは体にわるい

だから禁煙したいけどいきなりやめるなんて無理

だったらアイコス(IQOS)に変更してじょじょに禁煙しようと考えている人もいるようです。

今回は、加熱式タバコ、アイコスで禁煙できるかについてまとめてみました。

アイコスでの禁煙は成功率が低い

 

スポンサードリンク


まず、結論から行ってしまうとアイコスを使っての禁煙は成功率は圧倒的に低いでしょう。

というかその便利さにドハマリしてしまうパターンのほうが多いように感じるからです。

なぜ、アイコスを使っての禁煙が成功率が低いのかというとそれは、ニコチン、タールが含まれているから

やはり禁煙となるとニコチンとタールは摂取を完全に切り離す時期が必要になります。

ニコチンが欲しいという欲求が無意識で出なくなって初めて禁煙に成功したともいえます。

ですが、アイコスはその手軽さから紙タバコよりも簡単に使用する事(吸う)ことができます。

本来禁煙はいかにタバコと自分の距離を遠ざけるのかというもの

紙タバコであれば周りの目、副流円、受動喫煙などがあって場の雰囲気でタバコを吸いにくい環境を作ってくれています。それに比べアイコスは煙がほとんど出ないことから紙タバコよりもまだ吸いやすいです。

紙タバコよりも簡単に欲しいときにニコチンが摂取できてしまう加熱式タバコのアイコス

その便利さやお手軽さで本来禁煙するはずなのに逆にアイコスの良さに気づいてしまう・・なんてことも

なので、むしろ成功率よりも失敗率のほうが高くなるように思えます。

電子タバコのほうが加熱式タバコよりも成功率は高い

グッズを使って禁煙に挑戦するのならアイコスのような加熱式タバコではなく電子タバコを使っての禁煙のほうが成功率は高いように思います。

その理由は、電子タバコの場合はニコチンやタールが含まれていないので【ニコチンの摂取】を完全に断つことができるからです。紙タバコに比べて多少の物足りなさはあるにせよ電子タバコは喉や肺への刺激を感じつつニコチンを完全に断つ事ができるのでニコチン依存から開放されるからです。

ニコチンを摂取しなければ自然とニコチンに対して興味もなくなってきます。
あとは、『大好き ⇒ 好き ⇒ 普通 ⇒ 無関心 ⇒ 嫌い』となっていくだけです。

ニコチンに対しての思いが、無関心 or 嫌いに変ったときにあなたの禁煙は成功したといえるでしょう。

なので、アイコスのような加熱式タバコを使っての禁煙を考えているのでしたら加熱式タバコよりも電子タバコを使っての禁煙をオススメします。