禁煙をはじめると一番心配なのが禁煙による禁断症状
これは人によって程度や辛さは違ってきますが必ず誰にでもあるものです。

自覚症状のない禁断症状ならば得に気にする必要はありませんが、もし苦しい禁断症状が出た場合一体どうやって乗り越えればいいのでしょうか?

今回は僕がどうやってこの禁断症状と戦ってきたのかをご紹介しようと思います。

 

禁断症状の出始め

スポンサードリンク

まず、禁煙による禁断症状が出るのは禁煙開始から10分後です。
えっ? そんなすぐ来るの?って思いますよね

そうなんです!

禁断症状は吸っている今吸っているタバコを消した10分後にはもう出始めるんです。
そして次ぎの吸えるタイミングがやってきたときにまた次ぎの1本を吸う

タバコを吸うという事はこれの繰り返しになるんです。

タバコによる禁断症状は禁煙3日目とか2週間目とかに出てくると思っている人が多いですが私から言わせてみたら10分後にはもう禁断症状は出始めているといってもいいと思っています。

あ~ いっぷくして~なぁ~ って思うのも

タバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたいタバコ吸いたい って思うのも

同じ禁断症状なんです、違いは程度の問題だけなんです。

 

自己流禁断症状の抑え方

僕が禁煙中に出てきた禁断症状の抑え方で一番効果があったのは深く深呼吸をする事です。
禁煙中には他にもいろいろと試したりもしましたが正直コレが一番即効性、効果がありました。

自分の肺にいっぱいの空気を送り込んでやりそれを吐く!
これを数回やるだけでかなり楽に禁断症状を抑えることができました。

あと、『タバコが吸いたい!』って大声で自分の気持ちを言ったときもすっきりしました
中途半場な声はダメですよ、喉がかれるぐらいの大声です。

僕は車で高速道路走っているときによくこれをやりました

僕が思うに無理に欲求を押さえつけよう、見ないふりしようとすると余計にイライラ、ムラムラしました。

吸いたいって思ったら声に出して『吸いたい』って言えばいいし

集中できないなら10分ぐらいよだれ垂らすぐらい本気でボケーってしたらいいんです

日中眠たくなったら仮眠したらいいんです。

禁断症状は無理に抑えたりガマンしようとしたりするからしんどいんだと僕は思っています。

 

それでもどうしようもなく苦しい時はどうしたらいい?

もうどうしようも無く苦しい時は、お薬や禁煙パッチなどでその苦しみを抑えることができます。
すぐ禁煙でも使用している『チャンピックス』なんかが有名です。

僕はチャンピックスを使う事なく禁断症状を乗り越える事ができましたが、もしあなたがどうしても無理っていうならこういった禁煙用グッズを使ってみるのもいいかと思います。