禁煙実録日記 2ヶ月目です。

タバコを吸わなくなって2ヶ月ぐらいしてくると、いままで肌身離さず持ち歩いていたタバコが邪魔思うようになってきた。

この頃になってくると、タバコが吸いたいという思いもほぼゼロ
目の前でタバコを吸われてもなんとも思わない。

「あー タバコのにおいだー」程度である。

だが、タバコを吸わなくなったからといってタバコのにおいが不愉快になるかといえばそれもそんな事は無い。

タバコに対して、興味も不愉快も無い状態と言ったところだろうか

人が吸うのはなんとも思わないし、自分が吸いたいとも思わない

人は人

自分は自分なのである。

段々自分がタバコを必要としない生活が定着してきた証拠ではないだろうか

そして、ついに自分の味覚の違いが実感できたのもこの頃である。

というのも私にはお気に入りの焼肉屋があってそこのランチが好きだった
かなりボリュームのある焼肉セットなのに1500円とかなりお得なのである。

ランチタイムという事もあるだろうがそれでもかなりのお得感だしなによりも旨い!

味良し! 値段良し!でとても気に入っていた

だが、久しぶりに行ったとある焼肉屋での出来事

「あれ? この肉こんな臭かったけ?」

タバコを吸っていた頃は、旨い旨いといってバクバク食べていたのだがタバコを吸わなくなって久しぶりに来てみると前まで旨いと思っていた食べ物が臭いと感じるようになっていた。

もしかしてこれが本当のこの店の味だったのではないか・・

タバコを止めたことで味覚が正常になり本当の味を感じられるようになった結果なんだと思いました。

同時に大好きだった焼肉屋のランチがその時から評価が一気に低下

好きなものを一つ失った気分になった。

禁煙する事で旨いと思っていた食事が美味しくないと感じるようになることもあるんだなぁと思いました。

本当の味を知る事ができてよかったのかも知れないが、感情的にはなんだか損をした気分になった、禁煙2ヶ月目の出来事でした。
禁煙2ヶ月目達成 (最高★10)

イライラ度
タバコ吸いたい度
達成感 ★★★★★★★