今日のヤフーニュースで受動喫煙に関する記事が出ていましたね。

この記事を読んで、「ほっ」てした人不満な人沢山いると思いますがとりあえずこれで一旦は様子見って所になるんでしょうかね

とりあず今回のこの記事についてまたいつもみたいに勝手な事書いていきたいと思います。

結局は現状維持って事なんじゃないの?

他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策について、厚生労働省は30日、今国会に提出予定の健康増進法改正案の骨子を公表した。店舗面積150平方メートル(m2)超の飲食店を原則禁煙とし、加熱式たばこも規制対象に盛り込む方向で調整。例外として、150平方メートル以下など経営規模の小さい既存店で喫煙を認める。30平方メートル超を原則禁煙としていた当初案より大幅に後退した格好。東京五輪・パラリンピックまでに段階的に施行するとしている。

原則禁煙となるのは、ファミリーレストランなど一定以上の経営規模の店舗や新たに開設される飲食店。煙が外に流れない喫煙専用室の設置は認める。一方、小規模な飲食店は当面、喫煙や分煙の表示を掲げることで喫煙可能。

 

当初言っていた30平方メートルから大幅に後退して150平方メートルに変更という結果になりました。まさかの5倍ですよ5倍!

簡単に言うと個人経営レベルのお店で今後全面禁煙にする!って言ってたのに結果は大規模店だけ全面禁煙にしますといった内容です。

てか、150平方メートル規模の店舗って今じゃどこも禁煙になってるような気がするんだが・・

150平方メートルってどれぐらいの広さ?

150平方メートルを坪数に計算すると45坪になります。

飲食店の場合、坪数 x 1.5倍で席数が想定できるので150平方メートルの店舗の広さとしては

45坪の場合 45 x 1.5 =68席

となります。

68席ってかなり大型の店舗規模になりますね

実際東京都内で150平方メートル以上ある店舗は全体の3割以下みたいです。

 

それぞれの立場で言い分も変ってくる

今回の店舗での全面禁煙はただ喫煙者、非喫煙者だけの問題じゃなかったように思います。そこには店を経営する経営者の言い分も入ってくるからです。

居酒屋などのお酒を飲める店舗で今全面禁煙にされるとさすがに店の経営にダメージが来るって経営者は心配しますよね

フランスでは全店舗禁煙にしても店の売上げは下がらなかったというデーターはありますが、それが日本でも同じ結果になるわけではありません。

経営者からしたらそんなギャンブルみたいな事はできるならやりたく無いと思うのが正直な気持ちだと思います。

店の経営者が一番大切なのは「利益」なので利益が下がるかもしれないことはできるだけでやってほしくないというのが本音でしょうからね

30平方メートルで全面禁煙案には相当の反対運動があったのかもしれません

非喫煙者からしたら納得できないかもしれませんが、じゃあ飲食店全面禁煙にする事で売上げが下がった場合非喫煙者が援助しますか?

となったら果たしてどう答えるのか・・