タバコを長年すっていると口の中もヤニでべったりになってきます。
その影響をモロに受けるのが歯です。

ヤニで黄色くなった歯は見た目もにおいも最悪です。

 

ヤニで黄色くなった歯の裏

スポンサードリンク

 

 

どうですか、なかなかグロイ画像だと思いませんか
実は僕の口の中もこれと同じような感じでした。

僕の場合は前歯が黄色くなってしまって歯磨きしても全然白くならないんです。
歯医者さんにいって歯石を取ってもらったりしたことで今では多少はマシになっていますが今でも若干黄色いです。

タバコを吸っていると少しづつですが歯にヤニがどんどんついてきて黄色くなってくるんです。
得に唾液の少ない人ほど歯にべったりつくみたいで少しタバコを吸っただけでも黄色くなります。

 

口臭も最悪にくさい

これだけ歯にべったりとヤニがついてしまうと当然ながら口臭もくさくなります。
さらに歯周病や歯槽膿漏までプラスされると最悪なぐらいくさいです。

こうなると1度や2度歯を磨いたぐらいじゃ意味もありません。
ハミガキ+モンダミンでも効果が続くのはせいぜい5分てところでしょう。

これじゃあ、彼女が出来たとしてもキスしたら100%嫌われますよw
逆にあなたの彼女や奥さんの口の中がこれだと過程したらあなたはディープキスしたいと思います?

キスの時に舌をからめて相手の歯をペロって舐めたいと思いますか?

ちなみに僕はキスした後『うわ くさっ』て言われた過去があります。
そのときはムカっとしましたが今思うとそら当然かと思いますよ

 

なんでタバコを吸ったら歯が黄色くなる?

そもそも何故タバコを吸ったら歯が黄色くなるかというとそれはステインとうい物質が関係しています。

ステインstain
色素が素地にしみこんで着色する。 2 歯の黄ばみ・くすみなどの着色よごれ。

タバコのヤニが歯に付着するとステインという物質に変って歯の中に浸透していくんです。
歯の表面につくのではないので通常のハミガキでは取りきることが不可能なんです。

このステインは、タバコだけでなくコーヒーやワインなど色の濃い食べ物でも歯に着色します。
食後の1ぷくはブラックコーヒーを飲みながら優雅に。。なんて事やってると歯が黄色くなるんです。

↑ でもほとんどの人がこれやってますよね

 

タバコの歯の黄ばみはどうやってとる?

一度歯についたステインは通常のハミガキでは採ることができません。
市販されている黄ばみをとるハミガキとかもはっきりいってそれほど効果が得られません。

こういったものが効果がある人はまだ、うすい黄ばみの人だけです。
タバコでべったりついた黄ばみには焼け石に水だと断言できます。

なので、こういった黄ばみを取るには高額は費用を支払って歯医者さんなどでホワイトニングをしてもらうしかないのです。ホワイトニングは治療ではないので健康保険がききません。

しかも1度行けばいいのではなく完全に白くするには何度も通う必要があるのです。

治療方法 かかる費用 ホワイトニング持続期間
オフィスホワイトニング 30,000円~100,000円程度(一般歯科)
10,000円~30,000円程度(ホワイトニング専門歯科)
3~6ヶ月
ホームホワイトニング 20,000円~50,000円程度(一般歯科)
15,000円~35,000円程度(ホワイトニング専門歯科)
1~2年

 

ヤニが原因の歯の黄ばみは、タバコを止めただけでは綺麗になることはないのでこういったケアが後々必要となってきます。『あいつの口マジでモルモボル!』なんて影で言われたくないのであればタバコについて真剣に考えてみたほうがいいのかも知れません。

口臭って以外と自分では気がつかないものなんです。
もしかしたら、もうあなたは手遅れになってるかもしれません。