誰でも知っている事ですが、タバコにはメリットとデメリットがあります。
タバコを吸っているだけで得るもの失うものがあるように、タバコを止めたことで得るもの失うものもあります。

えっ タバコを止めて失うもの?

はい。

タバコをやめる事で失うものもあります!

今回は僕がタバコをやめる事で得ることができたものと失ったものについてご紹介します。

 

タバコを止めることで得たもの

スポンサードリンク

食べ物の味を深く感じれるようになった
美味しいものは美味しく、マズイものはより不味く感じるようになった。

 

肌が綺麗になった。
ニキビ肌とクレーター跡でボコボコだった肌が少しマシになった。

 

お金が減るスピードが遅くなった。
毎日のタバコ代がなくなるだけでこれだけ違うのかと思った。

 

タバコによる焼きがなくなった
じゅうたんとかソファーとかタバコの焼きで年に何回も焦がしていたのがなくなりました。

 

タバコの灰による被害がなくなった
灰皿をひっくり返して大惨事、タバコの灰が舞って汚れるなどの被害がなくなった。

 

偏頭痛が少なくなった
頭痛で悩まされる頻度があきらかに減りました。

 

朝までぐっすり眠れるようになった。
夜中何度も目覚めて寝付きや眠りが悪かったのが改善されました。

部屋がヤニ臭くなくなった。
タバコ臭い部屋のにおいがなくなりました。

 

タバコを吸うために振り回されるような事がなくなった。
灰皿を探したり、隠れたり吸ったりするようなことがなくなりました。

 

思わぬ人からほめられるようになった
タバコを吸っていないだけでほめられるようになりました。

 

すこし自分に自信がついた
大きな何かをやりきった事で自信がすこしつきました。

 

私がタバコを止めたことで得ることができたものです。
中でも一番うれしいのは偏頭痛が少なくなった事です。偏頭痛の悩みは今でもありますがタバコを吸っている頃に比べるとその頻度は格段に少なくなりました。 タバコを吸っていた頃は2週間に1回悩まされていたものが、タバコを止めることで2ヶ月に1回ぐらいに減りました。

 

タバコをやめる事で失ったもの

喫煙者の行動にあわせる事が苦痛になった
今までなんとも思わなかったことが苦痛になりました。

 

ヤニ臭い人が近くに来ると気分悪くなるようになった。
極端にヤニ臭い人が近くにくると1日吐き気とめまいで気分が悪くなるようになりました。

 

年々ヤニ臭い部屋にいられなくなった
タバコのにおいがする部屋にいられなくなりました。
(職場などの逃げられない場所だと得に苦痛です。)

 

イライラするようになった。
過去の自分の事を棚に上げながら喫煙者に対する見方が攻撃的なりました。

ライターが便利だと気がついた
ライターっていろいろな使い道があるんだと気がつきました。

 

タバコを止めたからといって全てがハッピーになると禁煙の本やWEBサイトには書かれていますがそんな事はありません。吸わないなら吸わない側の悩みが出て来るんだと気がつきました。

得にタバコによる臭いの被害はかなり大きいです。
ヤニ臭い人が近くに来ると最近では吐き気を覚えるようになってきました。

正直これはキツイです。

私はタバコを吸う人の気持ちはよくわかります。
なのでタバコを吸う人に対して攻撃的な気持ちには絶対にならないでおこう

過去の自分は25年間もタバコを吸う側の人間だったのだからタバコを止めたからといって差別する事だけはやめようと決めていたのですが年々気持ちは思いとは逆の方向に行っています。

タバコを止めたことで失ったものがあるとすれば
タバコを吸う人に対しての接し方になります、昔からの知人やお世話になった人で今でもタバコを吸っている人はいます。当然僕は『遠慮する事なく吸ってくださいね』と言っています。

でも、やっぱり目の前でタバコを吸われるとちょっと嫌な気持ちになります。
その人のことが嫌いなわけではないのに、タバコを吸うという理由だけで少し距離をとってる自分に気がついたことがあります。

僕は、過去タバコを吸わない人の前でも遠慮なくスパスパ吸っていました。
なのにその過去を棚に上げて、いまさら僕の前では吸わないで下さいと言える事が出来るでしょうか

タバコを止めたからといって薔薇色の人生だけがまっているとは限らないという事を知りました。