禁煙あるあるの一つ タバコをやめたら太るはたしてこれは本当なのでしょうか?
こればかりは結果の一つなのでやってみない事には分かりません

じゃあ、僕はどうだったのか禁煙する事で太ったのか?
実体験をもとにご紹介したいと思います。

タバコを吸っていたときの私のデータは以下の通り

  1. 体重 62kg
  2. お酒 飲まない
  3. 食事 3食(外食)
  4. 食べる量 そこそこ食べるほう
  5. 運動量 ほぼゼロ

 

禁煙後は太りました!

スポンサードリンク

まず結論

はい、僕は禁煙してタバコを止めたあと太りました。

タバコを吸っていたときは平均体重62kgだったのがタバコを止めた太り
5年経ったいまでは13KGプラスされて今の体重は75kgあります。

私がタバコを吸わなくなってからどのように体重が増えていったのかは上記のグラフの通りです。
でもちょっとまってくださいこれって本当にタバコをやめた事が原因なんでしょうか?

 

急激に太ったわけではない

まずここで言えるのはタバコを止めた次ぎの月に急激に太ったわけではないということです。
確かにタバコを止めて体重が増加したことは確かですがそれでも半年はタバコを吸っているときと同じ体重を維持していました。

 

タバコをやめたら口が寂しくなる

僕に限ってですがこれはありませんでした。
タバコを吸わなくなったからといって口が寂しくなり何か口にしないと我慢できなかったという事はありませんでした。

禁煙中もガムを噛んだり飴をなめたりとかそういったことは一切しませんでした。
禁煙パイポのようなものも1度も欲しいと思った事はありません。

ですが、口が寂しくなるような事はありませんでしたが臭いは凄く嗅ぎたくなりました。

>> 詳しくは禁煙実録日記参照

 

食べる量は増えたか?

タバコを止めたら飯が美味しくなって食べる量が増える
これも禁煙あるあるでよく聞く言葉だと思いますが、実際は食べる量は増えません

タバコを吸う吸わないに関係なく食べる人は食べると思います。
実際に僕も食べる量は増えませんでした、逆に減ったぐらいです。

でも味覚が変って美味しく感じるというのは本当です。
タバコを吸っているときは舌の感覚が鈍っていたんでしょうね、タバコを吸わないことで舌本来の感覚が戻ってきたので食べ物や飲み物の味の感じ方が大きく変化した事は確かです。

美味しいものはよりおいしく感じマズイと思っていたものがよりマズイと感じるようになりました。

 

じゃあなぜタバコを止めて太ったのか? 実体験から出た結論

 

タバコをやめたら太ると言われていますがその理由は何故なんでしょうか?
僕が思うにタバコを止めることで太った大きな理由は2つだと思います。

 

1、年齢による基礎代謝の低下

2、タバコをやめる事で胃腸系が健康になり吸収率UP

 

実際に僕が経験から出た結論は上記の2つだと思っています。
まず僕がタバコをやめて吸わなくなった年齢が30代後半から40代にかけてです。

さすがにこの歳になると基礎代謝が低下するのでどんな人でも太りやすい体質になるんです。
これはタバコを吸っていても吸っていなくても男も女も関係なく起きる事です。

そして2つ目のタバコをやめる事で胃腸系が健康になって吸収率UPした。
医学的に検査したわけではないですが自分の体の変化としてなんかそんな感じがしました。

といってもこれもタバコを吸わなくなってすぐ気がついたことではなく2年目ぐらいに「あれ?体の調子いい?」となんとなく思った事から出てきた結論です。

 

結論とまとめ

25年タバコを吸っていた僕が出した結論は

タバコを止めたら太るは間違い

正しくはタバコを止めたら太りやすい体質になる

僕が出した結論はこうです。

タバコをやめたからといって翌月にいきなり10KG増えるとか
タバコを止めて飯が美味くなり食べる量が倍増したとかまずありえません!

なので禁煙したからといっていきなりデブになったりすることはないので安心してください。

太る原因はタバコをやめた事ではありません

あくまでもあなたの体質と生活スタイルが一番の原因です!