タバコを吸っていると程度の度合いにもよりますが、誰にでも離脱症状がでます。
人によっては胸が痛くなったり、吐き気がしたりと人さまざまです。

そして、禁煙を決意したらこの離脱症状を避けて通ることはできません。
禁煙が成功するか失敗するかはココを乗り切れるかどうかにかかっています。

という事で今回はこの離脱症状について書いてみようと思います。

 

タバコの離脱症状は人それぞれ

スポンサードリンク

タバコを吸っている人は全員、離脱症状が出るのですがその程度は人によって違ってきます。
程度の軽い人であれば、口がモゴモゴしてくるとか眠くなったりとか・・

タバコの離脱症状がひどい人になると胸が痛くなったり、吐き気を覚えたりします。
そしてこの離脱症状からお手軽に脱出する方法がタバコを吸うことなんです。

長時間タバコでニコチンを摂取していない事で起きる症状これが離脱症状というものです。

禁煙するという事はこの離脱症状との闘いでもあるのです。

 

離脱症状のピークは2週間~3週間

胸が痛くなったり、吐き気がするような離脱症状もピークはあります
個人差はありますが、大体2週間 ~ 3週間と言われています。

僕が禁煙したときは、2週間ほどだったはずです。

なので、この時期は精神力でひたすら耐えるしかありません。
胸が苦しくなったり、痛くてもとにかくガマンです。

ムカムカして今にも吐きそうなぐらい気分が悪くてもガマンです。

こういった離脱症状は体がニコチンをよこせと叫んでいる事で起きる症状ですが、たとえココでタバコを吸ったとしても決してその辛さは緩和される事はありません。

この離脱症状はタバコを吸っている限り永遠にやってくるものです。

つまり禁煙の一番のポイントはこの離脱症状が出ないぐらいまでタバコを我慢する事!

 

離脱症状が死ぬほど辛いときは

そもそも離脱症状はタバコを吸うことで起きる症状です。
離脱症状にもいろいろとありますが、もしあたなの離脱症状がとても苦しいものであるならば絶対にタバコを止めるべきです。そもそもタバコを吸っていない人にはそんな症状は出ません。

タバコを吸っていなければ、あなたもその苦しみを味わう事はなかったのにタバコを吸ってしまったが為に胸が痛くなったり、吐き気がしたり、やたら眠くなったりといった症状に苦しむことになっているんです。
つまりタバコを吸っている間はずっとその離脱症状に苦しみます。
もっと言えば今の離脱症状よりも酷くなる場合も考えられるんです。

なので、今あなたのその苦しみはタバコを我慢しているから出てくる苦しみではなくタバコを吸ってしまって病気になったことが原因で苦しいんだという事を理解しておいてください。

『タバコを我慢してるから苦しいいんだ』と思ってしまうと禁煙に失敗しやくすなります。
なので、『タバコを吸っているからこんなんい苦しいんだ』と思ってください。

今は苦しい時期かもしれませんがとにかく頑張ってガマンです!
吸わなければその苦しみからは解放されます!