喫煙あるある、タバコを吸いたいときに限って喫煙場所がみつからない・・

僕が現役バリバリでタバコを吸っていた頃は吸いたくなったら何処でも吸えていた時代でしたが、今はそうはいきません。都会で歩きタバコなどしようものなら白い目で見られるどころか場所によっては罰金まで取られます。

今では、タバコを吸うために1km歩くなんて事も珍しくありません。
今回は東京、新宿でタバコが吸いたくなったときどうすればいいのかを記事にしてみます。

喫煙マップでタバコがすえる場所を探す

スポンサードリンク

最近はタバコがすえる場所を検索できるスマホアプリがあるので便利!
このアプリを使えば知らない場所であっても1発でタバコがすえる場所を検索する事ができます。

その中でも無料で使えて人気のあるアプリをいくつかご紹介

 

喫煙所サーチ たばこはマナーを守って吸おう!

簡単にタバコを吸える喫煙所をチェックできる。

現在地から検索して一番近いタバコが吸える場所を検索してくれます。
その他にも、タバコを買えるお店や自動販売機も地図上に表示してくれるので始めて行く場所でも探しまわる必要がなくなります。

 


 

喫煙所マップ

みんなで作っていく喫煙所検索アプリ

このアプリの特徴はただタバコが吸える場所を検索できるのではなくユーザーが新たにデーターを入力する事でタバコがすえる喫煙所マップを作っていくことができます。「〇〇で喫煙所が出来た!」などみんなで共有できるので使えば使うほどデータも充実していくというある意味最強の喫煙所マップです。

東京、渋谷で簡単に穴場のスポットが見つけることが出来るかも・・


 

東京灰皿

シンプルでとても使いやすい

動作が軽くて使いやすいのが特徴です。
若干データー量が少ないというデメリットがありますが、東京、新宿だけをメインに使うなら充分でしょう。
データーの空き容量が少ない人にもおすすめです。

 

まとめ

僕がタバコを吸っていた頃に比べると明らかにいまタバコを吸いにくい時代になっています。
そしてこれからもどんどんタバコを吸う人にとって生きにくい世界になっていくのは間違いないでしょう。

実際に東京五輪に向けて都内、東京、新宿などの都市ではタバコによる受動禁煙対策法案が提出されました。
>受動禁煙対策法案提出 喫煙者の肩身がさらに厳しい時代に・・参照

昨日まで吸えていた場所が禁止に! あそこのコンビニの灰皿がなくなってる!なんてことも珍しくなくなってくるでしょう。そうなったとき喫煙者はどこでタバコを吸えばいいのでしょうか?

これからさらにこういった喫煙所を検索できるアプリが必須になってくるかもしれません。

少し前なら、タバコとライターだけあればタバコは吸えました。タバコマナーが言われるようになり、こんどはタバコ、ライターともうひとつ携帯灰皿を持ち歩くようになりました。そして次は、喫煙所検索アプリと・・・

タバコを吸う人の持ち物が少しずつ変っていってます。