読むだけで絶対にやめれるという有名な禁煙セラピー

禁煙を心がけた人なら一度は目にした事があるのではないでしょうか?

実際に私も初めて禁煙しようと思ったときに購入して読みました。

ちなみにその時は禁煙に失敗しましたが・・

この著書の中にタバコを吸うメリットについて書かれているページがあるのですが

この本では『タバコにはメリットはない!』と1ページ丸まる使って書かれています。

そして多くのタバコについてのサイトにも同じことが書かれています。

スポンサードリンク

 

タバコには何一つメリットがない!

と・・

 

はたしてそうでしょうか?

私は今現在は、タバコを5年以上吸っていませんがタバコにメリットが無いとは今でも思っていません

じゃあ、メリットがあると思っているのに何故吸ってないんだ?って思いますよね

それは、タバコを吸うメリットよりもタバコを吸わないメリットのほうが大きいから今はタバコを吸っていないだけあって吸わないメリットよりもタバコを吸うメリットのほうが大きくなるんだったら今からでも吸っていいと思っています。

ですが、ほとんどのサイトはタバコはダメだメリットがない悪だ悪だと決め付けています。

 

私が思うタバコのメリットについて 決してゼロではない!

私が経験してきて思ったタバコを吸うことについてのメリット・・

  • 食後のいっぷくがここちよい
  • 喫煙所での情報交換
  • かっこいいライターが持てる
  • 同じ銘柄を吸っている好きな子とつきあえた

私が25年間タバコを吸ってきて得ることができた実際のメリットです。

喫煙者ならもう分かっている事だと思いますが、満腹時の食後のいっぷくって最高じゃなかったですか?

気持ち的にふぅ~となにかやりきった感がありませんか?

これをメリットと言わずしてなんと言うのか・・

他にもタバコを吸っていることで大きな仕事を成功させたこともありますし、好きなあの子と付き合うことも出来ました。

どちらもきっかけは同じ銘柄を吸っていた事による『1本どうぞ』が始まりです。

これもタバコを吸うことで得られたメリットだと今でも思っています。

確かにタバコを吸うことによるデメリットもあります、ですが上記で書いたことは私自身が体験したメリットなのです。

『タバコには何一つメリットはない!』これは私から言わせれば噓です

タバコにもメリットはあります!

有名な本に書かれていることや多くの禁煙系WEBサイトに書かれているような切り捨てるような事は無いと思っています。

なにをもってメリットと感じるかは主観的な事であり他人が勝手に決め付ける事では無いと思っています。

 

無理やり決め付けられるから苦しくなる

禁煙するときは必ずといっていいほどタバコのメリットについて語られます。

ですが、ほぼ全部が『タバコにはメリットが無い』と言い切られます。

 

ですが、タバコを吸う人にとってタバコには何かしらのメリットがあると意識無意識にかかわらず思っているため無理やり『メリットはない』と気持ちを上書きをされてしまうとこれが潜在的に混乱してしまいその事から苦しくなってくると私は思っています。

 

なぜお前はメリットがないことをやっているのだ!

 

つい5分前までタバコを吸っていた人にこんな事言っても納得できるわけがないんです。

なので、これから禁煙しようとしている人も多少なりのメリットを感じているにもかかわらず無理にタバコにはメリットが無いと思い込む必要はありません。

 

  1. タバコにもメリットはある、でも禁煙しよう!
  2. タバコにもメリットはあると思うけど、メリットは無いと思いこまなきゃ!

 

あなたは禁煙するとき精神的にどっちが楽になりますか?

タバコにメリットが無いは噓である

以上のことから今でも私は「タバコにはメリットが無い」とは思っていません

タバコを吸うことでその人が何かしら気持ちが良くなる事があるならそれはメリットではないでしょうか

確かに他のものと比べれば小さな小さなメリットなのかも知れません

そのメリットを得る為に支払う代償が大きい事も理解しています

 

でも人間って理屈じゃない部分ってあるじゃないですか

その部分を無視して完全否定するのは違うんじゃないかと私は思うのです。