今日、なにげにTVを見ていたとき聞きなれない単語が出てきました。

「睡眠負債」

なんだそれ?と思って見ていると数年前の私とまったく同じ症状でした。
どうやら私は睡眠負債になっていたみたいです。

ですが、現在は睡眠負債とはまったく無縁の生活を送っています。
ではどうやって睡眠負債を解消したのか?

過去の自分を思い出してみると2つの大きなポイントが原因だということが分かりました

今回は、私が睡眠障害を解消した2つの方法についてご紹介します。

2つの習慣をやめたら驚くほど睡眠の質が上昇

スポンサードリンク

では、実際に私がやった睡眠負債の解消方法というのが

  1. 禁煙
  2. 寝室にスマホを持っていかない

という2つの事だけです。

普段の生活リズム、食事、などはそのままでこの2つだけを徹底した結果
わずか3ヶ月で睡眠負債を解消する事ができていました。

それまでは、寝室に灰皿があり、スマホの充電も寝室でしたいたのですが禁煙をきっかけに灰皿とスマホの充電を別の部屋に持っていき寝るときにはこの2つを触らないように徹底しました。

それまでは目覚まし時計もスマホを使っていたんですが、別で目覚まし時計を買いました。
とにかく寝室には寝る妨げになるようなものは一切置かないようにしたんです。

どうやって睡眠負債が解消していったのか

初日 ~ 1週間

この頃はとにかくいままであったものが無くなったことでさみしさが一杯でした。
毎日の睡眠習慣が大きく変っているので落ち着かなかったです。

気になって気になって1時間以上寝れないこともありました。
眠れたとしても2時間ぐらいで目が覚めたりして熟睡できたって感覚もありませんでした
睡眠の質も上がっていないので睡眠負債も解消されずいつもと変らず日中も眠たかったです。

2週間 ~ 3週間

スマホやタバコが無いことにも慣れた頃です。
寝つきは以前と比べると良くはなってきました。

ですが相変わらず何度も夜中に目が覚めました。

1ヶ月目

この頃になると、夜中に目が覚める事が無くなってきました。
朝起きる時間までぐっすりと眠れるようになりました。

日中眠たくなる事も少なくなってきたので体が楽になってきました。

2ヶ月目

夜中に目が覚めるときはトイレに行きたくなった時だけ
それ以外は朝まで眠るのが当たり前になってきた時期でした。

もうこの頃になると日中に眠たくなる事はありませんでした。

3ヶ月目

眠たくなる時間、起きる時間が決まってきました。
0時ぐらいになると自然と眠たくなり、朝7時ぐらいになると目覚ましなしで自然に起きれるようになりました。

気がつけば睡眠負債も解消

私の場合、タバコと、寝室へのスマホ持込、この2つやめるだけで睡眠質は大幅に上昇し結果的に睡眠負債も解消する事ができました。

これ以外のことは他はなにもやっていません。
睡眠薬も飲んでいないし、積極的に運動をしたという事もなく、寝酒をしたという事もありません

  1. タバコ
  2. 寝室へのスマホ持込

この2つをやめただけです。

お金も掛からないですし、今日からでもすぐできることなので、あなたが睡眠障害で悩んでいるのでしたら是非試してみてください。

私はたったこの2つだけで3ヶ月で睡眠障害を解消しました。

今でも朝までぐっすり眠れていますし、目覚まし時計を使う事なく決まった時間に目が覚める生活を送っています。