タバコなのにタバコじゃないアイコス
今回は禁煙成功者からこのアイコスなどの過熱式タバコについて書いてみようとおもいます。

今回の記事はあえて、アイコスについて何も調べず完全なイメージだけで書きます。
なので間違った情報などを書いているかもしれませんがこれが非喫煙者のイメージだと知ってもらえれば幸いです。

 

最初見たとき何それ?って感じです。

初めてみたたのは2016年の12月に会社の忘年会の時でした。
違う営業所の人がなんか黒いボックスを出してタバコ見たいものを挿して吸っているのを見て素で『なにそれ?』って聞いたのが最初です。

『アイコスですよ』って言われましたが、それでも『えっ?』って感じでした。
禁煙から5年目僕は完全にタバコの世界とは別世界に住んでいたんでしょう。

僕は、2016年の年末に初めてアイコスとなるものを知ったんです。

正直今でもいつ発売されたのかすら知りません。
(この記事を書いた後に調べると思います。)

まず、火をつけないでタバコなんて吸えるのかってビックリしました。
でいろいろアイコスについて聞いてみると

においが少ない
火を使わない
煙が出ない

というのが特徴らしくタバコとは違うんだと説明してもらいました。
実際その人も、タバコとアイコスを吸い分けて吸っていたので味や刺激が違うんでしょうね

 

非喫煙者から見たアイコス

僕が思うのはアイコスのイメージはタバコとほとんど同じやんって感想です。

アイコスの特徴その1 においが少ない

まず、においが少ないって部分ですが非喫煙者からしたら臭いことに変りありません。
多分、喫煙者の人には無臭に感じるかもしれませんが僕のようにタバコを吸っていない人間からしたらプンプンにおいます。

『アイコスはにおいが少ないからあまり迷惑をかけないですむんです!』

『いや、普通に臭いよっ』

このやり取りは実際に忘年会で交わした会話です(笑
非喫煙者のことを思っているんですといわれても普通にタバコのにおいしていました。

あとアイコスの吸殻も普通に臭かったです。

 

アイコスの特徴その2 煙がでない

確かにタバコみたいな煙で出ていませんでした。
ただ、よく見てみると吐いたときにうっすら煙みたいなものが見えたような気がします。

これは普通に凄いなーって思いました。
これだと部屋が黄色くなったりする事もないんだろうなと思いました。

 

アイコスの特徴その3 火を使わない

これも正直すごいって思いました。
僕がタバコを吸ってたときは何度も寝タバコをして床を焼いたり、ヒドイときには仰向けで寝タバコしてめがね焼いた事もあります。そういう事を考えたらこの火を使わないっていうのは普通に凄いですね。タバコで焼きが入いるリスクゼロってのはすばらしいと思いました。

アイコス主流になったらヤンキーは根性焼きできなくなるなw

 

非喫煙者から見てアイコスは迷惑?

迷惑か迷惑ではないかと言われたら迷惑のほうになるかと思います。
ただ、どっちか選べとなった時の選択ですからね!

アイコスに関しては別に目の前だろうが飯食ってるときであろうが吸われても平気です。
ただ一点だけ嫌な部分があるとすれば、自分の部屋や車の中では吸って欲しくないです。

顔にアイコスの煙を吹きかけてもらいましたがそれほど嫌ではありませんでした。

タバコの迷惑度を10とするなら、アイコスの迷惑度は4といったところでしょうか