週間少年ジャンプで掲載されている銀魂って知っていますか?
ギャグ路線とガチ路線が混ざったなかなか面白漫画です。

この漫画はかなり時事ネタをチョイチョイ入れてくるので1話だけでも楽しめたりします。
そんな銀魂はアニメ化されているのですがその中の119話が禁煙中にとってかなりリアルに表現されているストーリとなっているんです。

アニメを見たことが無いって人でもこの銀魂の回だけは見るべきです!

銀魂 119話ストーリ

スポンサードリンク


銀魂を知らない人でも分かるように簡単にストーリ説明すると、会社の規定と国の方針で喫煙が禁止となった中でただ一人喫煙中の土方というキャラが必死になってタバコを吸おうとするストーリです。

喫煙者の言い分や、非喫煙者の視線などがかなりリアルに表現されています。

『タバコなんて法律で禁止されてないだけでヤクですぜヤク』

『自分の事だからって論法で逃げるのは無し!』

 

見所は前半の15分

見所はなんといっても前半の15分です。
とにかくタバコを吸う人間をとことん除外していきます。

行く所、行く所、タバコというだけで嫌な目で見られる土方
この部分は本当にタバコを吸う人間の心理を上手に描いていると思います。

実際今の日本でもこれと同じ事が起きているんですよね。
『これはアニメだから大げさなだけだよ・・』なんて思ってるとダメですよ

 

これマジの話ですから!

 

行き場をなくした土方、電柱に頭を打ちつけ血だらけになりながらも

『けっけむりをすわせろぉぉぉぉーーーー!!!』

 

もうね、大爆笑しなが見ましたよ
でもこれって禁煙中の実際の行動パターンなんですよね

さすがに電柱に頭ぶつけませんがw

でタバコを吸えなくなった土方が取った行動というのが・・

これは是非アニメを見てください。

まぁ、かなりパロデぃーが入っていますが行動は理解できるはずです。

 

これはアニメだけの話じゃない

今回のこの銀魂のストーリですがこれはアニメだけの話だろって思ってたら大間違いですよ
これは実際にこの法律を出した国があるんです。

ブータン王国では国でタバコが禁止されています。

幸福度ランキング1位でも有名になったあのブータン王国では国内でタバコを吸うことが禁止されています。

いやいや、ブータン王国は人口も少ないし発展途上国だから日本のような先進国とはまた国民が違うんだよ!

もしかして、あなたはそう思っていませんか?

先進国である日本とブータン王国を同じにするなと
では、日本と同じ先進国で国でタバコを禁止されている国があったらどうですか?

そして実際にそいう国はあります。
先進国で国内全面禁煙の国それは、アイルランドです。

イギリスの隣なのでほとんどの人が聞いたことがあると思います。

『タバコが国内で禁止になる』なんて今となってはもう珍しい事ではなくなってきているんです。
世界の歴史は工業だろうと産業だろうと、ヨーロッパから始まりアメリカそして日本にやってきています。

あなたが生きているうちに日本国内で全面禁煙になる可能性は十分にあるという事です。
もし、アニメのように本当にそうなっときあなたはどうしますか?

今回の銀魂のアニメはそういった事を考えるには本当にいい機会だと思います。